教会について

倉敷の歴史と共に歩む教会

 

倉敷教会は1906年(明治39年)に設立されました。同志社大学創設者の新島襄が1880年に倉敷においてキリスト教の話をし、その「生命」はゆっくりと倉敷の地に芽吹きました。

 

創立会員の中には林源十郎、大原孫三郎らがおり、日本で最初の孤児院を開設した石井十次の指導により祈る教会として育っています。また、倉敷美観地区を整備した外村吉之介も教会員であり、様々な会員諸氏によって倉敷の歴史と文化の形成に深く関わってきました。

 

石積みの塔とスロープのある印象的な会堂は、大正デモクラシーの旗手であった西村伊作の設計により1923年(大正11年)に献堂され、倉敷の街を象徴する名建築として国の文化財になっています。

 

朝礼拝へのお招き

夕礼拝へのお招き