概要

倉敷教会会堂

建築年;大正12年(1923年)
設計者;西村伊作(当時39歳)

キリスト教禁制が明治6年(1873)に解かれると宣教活動が公然と行われるようになって岡山県にもキリスト教の布教が始まった。

岡山キリスト教会が明治13年(1880)に中国地方で初めて設立され、その後、高梁教会(高梁市;現存)、そして天城教会(倉敷市内;現存)ができるなど、県内に次々と教会ができた。

大日本帝国憲法の発布(明治22)で「宗教の自由を有す」と国民の宗教の自由が認められた。

岡山教会や天城教会に属していた倉敷町の教会員は、信教の自由が許されたことや地理的理由などで明治39年(1906)に「日本組合キリスト教会・倉敷教会」を設立し、25名の教会員の仮教会堂が大原孫三郎邸(現・国重要文化財の大原邸)のそばに建築された。

その後、会員が増加したことなどで会堂の新築移転をすることになり、当初ヴォーリズ設計事務所で設計までされたが変更し、西村建築事務所において設計され、大正12年(1923)に新「倉敷教会堂」が完成した。

西村伊作と教会員がどの様なことで交流ができ、新会堂の建築に関わったのか定かではない。倉敷文化協会の招きで「文化生活の実行」という演題の講演を大正10年(1921)に行ったことが記録に残っている。

教会堂の入り口は、石畳の緩やかなスロープをのぼった二階屋上のバルコニーにあり、そこは誰もが自由に憩えて精神を開放する舞台でもあった。

二階の礼拝堂に直接入れ、当時にしては珍しい形態で、また一階には教会付属の「竹中幼稚園舎」があり、幼稚園併用の教会堂になっている。

一階部分と塔は、地元産出の北木島の花崗岩を使用し、自然な感じの石積みである。その積まれた石は天然のままの色合いで、建物に落ち着いた安定感を与えている。

塔と急勾配の屋根、尖頂アーチ窓などを特徴としたインドのバンガロー形式の建物は、ここを利用する教会員、幼稚園児や町民の目に、当時どのように映ったことだろうか。また教会堂は七十有余年の町のありさまを、これからも見守り続けることだろう。

建築家「西村伊作」の作品が、当時まだ田舎町であった”倉敷”に完成し現存している、その建築様式と歴史的な価値において貴重な建築物である。

建物の老朽化と時代の波を”保存”という言葉で防ぎ、今後も存続させて「倉敷教会会堂」を後世に残し、文化財としての位置づけを期待したい。

倉敷市『第一回建築文化賞』1993.受賞作品集より