歴史

倉敷教会の沿革

 

倉敷に初めてキリスト教が伝えられたのは1878年(明治11)のことであったが、教会の設立は1906年(明治39)に実現した。

教会名は日本組合基督教会倉敷教会。初代牧師は溝手文太郎、会員25名により発足した。創立者の中には林源十郎、大原孫三郎、木村和吉、浅野義八、高戸猷、大橋広・朝野などがいた。また、岡山孤児院の石井十次の霊的指導に負うところも大きかった。

二代目竹中、三代目杉田両牧師を相次いで失う試練に遭ったが、田崎牧師を迎えて教勢は大いに進展した。

礼拝堂は仮会堂が大原美術館の斜め向かい(現亀遊亭)にあったが1922年(大正11)西村伊作の設計により建築に着手、翌年献堂した。

また、竹中幼稚園を開園し、竹中みつが初代園長となり、長年幼児教育に奉仕した。1941年(昭和16)日本基督教団成立に伴い、これに加わる。戦時中は礼拝堂を接収されたこともあったが、戦後、クラボウ、クラレ、中央病院、高校などの聖書研究会により若い世代が増加した。

1971年(昭和46)には倉敷キリスト会館を建設し、喫茶室も設け、多目的な活動を目指しつつ、今日に至っている。